金利が最も安いカードローン教えます!

女性

キャッシングを利用するなら少しでも金利が安いところを選びたいですよね?

借入には消費者金融と銀行がありますが、銀行は金利が安い反面、審査が厳しい傾向にあります。そのため、審査が不安な人は消費者金融を選ぶといいでしょう!

キャッシング金利が安いところはここ!

金利が高くても無利息サービスを利用すればとってもお得!

女性30日以内に返済予定があるならプロミスがおすすめ!
プロミスは銀行と比べると審査が厳しくなく、審査時間も早いです。更に30日間無利息サービスを利用すれば、金利もなし!銀行よりかなりお得です!!
※30日間無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
↓   ↓
>>プロミス

 

キャッシング金利が低いところで借りる方法

キャッシングの金利が安いところは、消費者金融と銀行系カードローンを比べると、圧倒的に銀行系カードローンの方が金利は安くなっています。

お金をどうしても借りたいけどできることなら低金利で借りたい!
キャッシングを利用しようと思っている人であれば誰もがそう思っているのではないでしょうか。

このページでは、キャッシングするなら絶対に金利の安い金融会社から借りたいと思っている人に向けて、知らなきゃ損するお得な情報をお伝えしたいと思います。このページを読んだ上で、あなたに合った金融会社がきっと見つかると思います。

キャッシングを選ぶ際に最も重視するポイントNO1は金利が低いこと!

実際にジャパンネット銀行が実施したアンケートによると、キャッシングを利用するときに一番最初に重視するポイントNo1は「金利」でした。

他には「安心感」「返済の自由度」「利用限度額」「手続きの手軽さ」「入金までの早さ」が挙げられていましたが、お金を借りたいと思っている方がいかに「金利」を意識し、重視しているのかが垣間見れる結果となりました。

銀行カードローンか消費者金融?金利が安いのは銀行カードローン!

多くの消費者金融での最高金利は、軒並み年利約18%となっています。金利の範囲こそ5~18%のようなことが多いですが、実際には100万円未満の借り入れの場合はまず最高金利が適用される為、100万円を超えるような高額の借り入れを行う場合でない限り、最高金利は適用されません。

ましてや始めて申込みをこれから行おうと考えている消費者金融であれば、その消費者金融と「信用」がないため、まず高額融資が下りることもないのです。
そのため、最初は10万以下の融資となるのが大半でしょう!と言うことは、消費者金融を利用した場合の多くは金利は最高年利の18%程度ということになります。

これに対して銀行のカードローンでは、この最高金利が年利14~15%程度のことが多いです。一部に消費者金融のように18%のカードローンもありますが、平均するとちょうど15%くらいだと言えます。
これには理由があり、消費者金融は銀行のように預っている預金を貸し付けに使うことができません。自己資金で営業している業者もありますが、多くの消費者金融では銀行から借りたお金を貸し付けに利用しています。

銀行からお金を借りると、事業用として借りた場合でも年利5%を下回ることはないと言っていいでしょう。この金利を銀行に支払っている為、消費者金融では銀行並に金利を下げることはできないのです。銀行も預金者からお金を借りて、それを貸し付けに利用していると言えますが、その預金者に対して支払っている利息は年利0.1%以下です。

そのような超低金利で借りたお金をそのまま貸せる為、消費者金融より低い金利でカードローンを提供できるのです。

このような理由から、低金利のカードローンを探している場合は銀行のカードローンをおすすめします。消費者金融は金利では勝負になりませんが、代わりにサービス面では銀行を上回っていることが多いです。特に申込み方法の豊富さや、融資までの早さでは完全に消費者金融に軍配が上がります。

従って、サービスや即日借入できることよりも、ただ低金利のみを重視する場合は銀行のカードローンの方を選択するといいでしょう。