キャッシングを無利息でしたいなら?

無利息サービスはかなりお得

キャッシングでは無利息サービスを行っている消費者金融があります。
利用条件には、ほとんどの場合には初めての申込み限定ということになりますが、この無利息サービスがあるとないでは大きな違いです。

典型的な無利息サービスは、30日間の無利息サービスが付帯されるというものが多く、この場合であれば50万円借りても30日分は利息が発生しませんので、他の低金利商品よりも最初だけはお得な商品になることになります。

このサービスが始まるや、初めての利用者の多くは無利息サービスの付帯するキャッシングを選ぶこととなり、大手キャッシング業者をはじめとして次から次にこのサービスに参入してきました。

ボーナス前などの単発の短期間融資にはもってこいのサービスといってよいでしょう。

大手消費者金融の無利息サービス比較

プロミスでの借り入れの内容

①無利息キャンペーンの内容

ここのCMBCコンシュマーファイナンスの名前で金融事業者登録をしているプロミスですが、ここの場合は現在30日間無料キャンペーンという感じで随時、サービスをやっているような仕様になっています。

しかしながら、やはり30日間といった期間限定がなされていますので、その間に全額を何とか返済をしていく必要性がどうしてもあります。

そしてこの30日間以降には延長などがなされないような制度になっていますので、この点に注意をしておかなくてはなりません。

②審査の流れ

インターネット上と電話の両方ですが、インターネット申し込みの場合には、WEB完結なども可能になっています。

この場合、確認の電話や書類発送などもありませんので、安心してプライバシー管理などもしやすいので、とても安心です。

③入金状況

午前中などの場合には、その日の夕方までに入金がなされるという大変な迅速さがありますが、その日の夕方15時以降での申し込みの場合には、どうしても次の日の午前中の入金になります。

④利息計算や相場

借り入れが50万円までで年率18.0%、100万円以下で15.0%、200万円以下で12.0%であり、最高額500万円までの借り入れが可能になっています。

そして、基本的に単利計算になってはいますが、2年以上経つと今まで分の利息分なども加算がなされますので、この点に注意をしながら、なるだけ早めに返済をしていく事が大切です。

モビットでの借り入れの内容

①無利息キャンペーンの内容

こちらも先程のプロミスと同じ、CMBCコンシュマーファイナンスの名前で金融事業者登録をしている金融事業者です。ここも現在、30日間無料キャンペーンという感じで、時期によってはサービスを展開しています。

もちろん、30日間といった期間限定がなされており、その間に全額を何とか返済をしていく点も、プロミスとは変わりがありません。

そのうえでやはりこちらも、30日間以降には延長などがなされないような制度になっています。

②審査の流れ

このモビットでも、インターネット上と電話からの申し込みが可能です。インターネット申し込みの場合には、WEB完結なども可能になっている点はプロミスと同じです。

インターネット申し込みの場合、確認の電話や書類発送なども無く、安心してプライバシー管理などもしやすい点で安心です。

ただし、審査基準自体はプロミスの場合よりも大変厳しい面がありますので、借り入れ申し込みなどにおいては、しっかりとした、事後の点検などが必須になります。

③入金状況

先程のプロミスの場合と同じく、午前中での借り入れ申し込みなどの場合には、その日の夕方までに入金がなされるという大変な迅速さがあります。

そして、その日の夕方15時以降での申し込みの場合には、どうしても次の日の午前中の入金になります。

④利息計算や相場

ここのモビットの場合も、プロミスと同じく、借り入れが50万円までで年率18.0%、100万円以下で15.0%、200万円以下で12.0%になります。

ただ、最高額800万円までの借り入れが可能になっているので、この点が大きな魅力です。

そして最後に、利息計算は基本的にプロミスと同じですので、年内に完済する事がベストです。

アイフルでの借り入れの内容

①無利息キャンペーンの内容

あのアイフルホーム社が運営をしている、アイフルキャッシングサービス部の商品にあたります。

ここの場合は現在、35日間無料キャンペーンという感じでサービスをやっている時期がありますが、めったには無いキャンペーンです。

そして、35日間といった期間限定がなされていますので、その間に全額を完済すれば無利息のままでの返済が出来るようになっています。

また、先程のプロミスやモビットの場合などと同じように、この35日間以降には延長などがなされないような制度になっています。

この点にも注意が必要です。

②審査の流れ

こちらのアイフルでも、インターネット上と電話の両方で申し込みが可能です。

そして、インターネット申し込みの場合にはWEB完結なども可能になっています。

この場合も先程の2社の場合と同じく、確認の電話や書類発送などもありませんので、安心してプライバシー管理などもしやすく、安心して利用が可能です。

③入金状況

審査自体がやはり厳しい傾向がありますので、午前中などの場合でも、その日の夕方あるいは翌日での入金となります。

④利息計算や相場

借り入れが50万円までで年率18.0%ですが、100万円以上は収入証明書類が必要になります。

最高借り入れ可能額も200万円までですので、少額の借り入れ向きの金融事業者かもしれません。

さらに金利に関しては、基本的に単利計算になっています。しかし、それでも期限内に完済をしなければその年度の金利も加算をされる場合もありますので、注意が必要になります。

アコムでの借り入れの内容

①無利息キャンペーンの内容

ここも先に述べたプロミスやモビットなどと同じ、CMBCコンシュマーファイナンス系列の金融事業者の1つにあたります。

ここの場合は、あまり頻繁には行われませんが、たまに期間限定で30日間無料キャンペーンが行われているような仕様になっています。

それでもやはり、30日間といった期間限定がなされていますので、その間に全額を何とか返済をしていく形がベストである事は言うまでもありません。

また、プロミスやモビットなどの場合と同じく、この30日間以降には延長などがなされないような制度になっています。

この点にもようく、注意をしておかなくてはなりません。

②審査の流れ

先程のプロミスやモビットに比べると、審査面でのハードルは低めといえます。

インターネット上と電話の両方での申し込みが可能になっていますが、インターネット申し込みの場合には、WEB完結なども可能な点は、先程の2社と同じです。

この場合もやはり、確認の電話や書類発送などもありませんの。

このため、安心してプライバシー管理などもしやすいので安心です。

③入金状況

午前中などの場合には、その日の夕方までに入金がなされるという大変な迅速さがあります。

一方、その日の夕方15時以降での申し込みの場合には、どうしてもシステム上、次の日の午前中あるいはそれ以降での入金になります。

④利息計算や相場

プロミスなどと同じく、借り入れが50万円までで年率18.0%、100万円以下で15.0%、200万円以下で12.0%であり、最高額500万円までの借り入れが可能になっています。

そして金利に関してですが、基本的に単利計算になってはいます。

それでもその年度内に完済をした方が複利が付きませんので、この点を留意しておいた方が良いといえます。

これらの中から合うところを選ぶ

①自分の現在の経済力に見合うところを選んでいく

以上で、プロミス・モビット・アイフル・アコムでの、無利息サービスの比較に関しての記事内容となります。

基本的に、現在の自分の経済力と見合うようなところを選んでいく姿勢が、一番の基本といえます。

上記の4社の中でも、モビットとアイフルの2社は審査が大変厳しいので、初心者の方としてはやはり、プロミスかアコムの方が無難といえます。

②完済していく事を前提に借り入れを行う

そして借り入れをしていく目安ですが、やはり、その借り入れの金額自体を完済していく事を前提にした借り入れの目的意識が大切です。

③予想外の事態は必ず起きる

今のように②のような事を言いましたが、予想外の事態は必ず起きたりするものです。

この事を予測しながら、臨機応変に対応が可能な、様々な法制度などを心得ておく事がとても重要です。

④まとめ

以上の4社は全て、消費者金融事業者が扱う金融商品にあたります。そのため金利が高目な傾向にあります。

そうした点を踏まえながら、約束の期日までに完済をする事が非常に重要といえます。
 

無利息キャッシングの期間に注目

カードローンを利息ゼロで賢く借りる方法は、消費者金融で行われている無利息キャンペーンを利用するしかありません。

無利息はカードローン業者によって利用できるかどうかが異なるので、無利息を利用したいならしっかりと無利息が使えるカードローン業者を探しておくことが大切です。

無利息を使って利息ゼロにするにはコツがあります。無利息からキャッシングを利用できる業者では必ず無利息の条件が決められています。その条件の中でも無利息が適用される期間に注目しておくことが大事です。

利息ゼロのやり方はとても簡単で、要するに無利息期間の間に借り入れをして完済してしまえば良いだけです。

例えば、初回の借り入れから1週間だけ無利息という内容ならば、お金を借りてから1週間以内に完済すれば利息ゼロです。

給料前などすぐ返済見込みがある場合の利用がベスト

この利息ゼロのキャッシングをうまく活用するには期間内に完済する必要があるので、その資金をどうやって確保するのかがポイントです。

一般的には給料日前に無利息でキャッシングをしておき、給料日が無利息期間内に収まるタイミングで借り入れをして、給料日の収入で完済するという活用がセオリーです。

うまく使えば利息ゼロはその名の通り利息がゼロ円となるので、これほどお得なキャッシングは他にありません。

おすすめの無利息カードローン

いくつかカードローン業者を紹介していきましょう。
CMでよく見る 「アコム」では30日間利息ゼロに設定しています。ただ条件があり、アコムの借り入れが初めてで返済期間が「35日ごと」を選ぶと30日間金利がタダになります。

「給料日やお小遣い日まであと少し」という時などはとても便利に利用する事ができると思います。

同じ30日間利息ゼロのサービスを行っているのが「プロミス」です。こちらもCMで頻繁に見かけるので認知度は高いと思います

アコムとの違いは審査にかかる時間が短い事と、50万円以下の借り入れなら収入証明の書類がいらないことです。消費者金融の中でも審査が甘い印象で金利も比較的安くオススメです。

見逃せないのが「レイク」です。「少額で良いけど返済はゆっくり返したい」という方が金利ゼロで賢く借りるならレイク1択です。

借り入れ金額が5万円以下なら、最大180日間金利ゼロのサービスが受けられます。半年かけてゆっくり返す事ができるので、「奥さんに内緒で欲しかった物をゲット」何て事もできます。

他にも無金利キャンペーンをやっているカードローン金融はあるので、自分の使用用途にあったものを選ぶのがキャッシングを金利ゼロで賢く借りる方法です。
 

プロミスの無利息サービスは何度でも利用可能

プロミスの無利息サービスの特徴

プロミスの無利息サービスは他と異なる特徴的な無利息サービスとなっており、初めての利用の場合に借入日から30日間の無利息サービスが提供されます。

他の同様の無利息サービスの多くは、契約日から30日間の無利息サービスとなるため、契約と同時に借入しない限りは実質的に30日間の無利息サービスが受けられない可能性もあります。

その点、プロミスの場合には借入日からとなっていますので、契約日に借入しなくとも本当にお金が必要な時に借りて、借りたその日から30日間の無利息サービスが提供されることになります。

プロミスの場合には、適用される最大金利も他のキャッシングと比べると若干ですが低くなっていますので、仮に30日間が経過して60日間で完済した場合にも他のキャッシングと比較するとよりお得感あるサービスとなります。

期間内なら何度でも利用可能

プロミスの無利息サービスは期間内なら何度でも利用することが可能です。

どういうことかというと、例えば、初めての借入日に50万円借りて15日間で完済した場合、2回目の利用の際にも残りの15日間の無利息期間が付帯することになります。

さらに、2回目の利用も10日間で完済した場合には、3回目の利用に際しても残りの5日間の無利息サービスが提供されることになります。

つまり、プロミスの無利息サービスでは、必ず30日間の無利息期間が提供されることになり、30日間の期間内であれば何度でも利用できるというサービスとなります。

他の多くのキャッシングの無利息サービスは契約日からスタートしますので、この場合には契約日から30日間が経過するとサービスは提供されなくなります。

まとめると

プロミスの無利息サービスは、借入日から30日間の無利息期間が提供されるというサービスです。

30日という期間内であれば、完済後であれば何度でも利用することが可能で必ず30日間の無利息サービスを享受することができるサービスです。

他の多くのキャッシングが提供する無利息サービスは、借入日からではなく契約日からとなっていますので、これらに比べるとプロミスの無利息サービスにはお得感があります。

プロミスの適用する最大金利は若干ですが同業他社よりも低く設定されていますので、短期間の利用の際には非常のメリットのあるサービスと言えます。