大阪レーシック眼科選び!

品川近視クリニック大阪院

大阪でお勧めのレーシックのクリニック、またその理由について、大阪であれば品川近視クリニックが一番おすすめです。大阪駅のすぐ近くにありますから通院が割と便利ですし、品川近視クリニックでは手術内容がとても充実しています。

最高級アマリスZレーシックやアマリスZレーシック、品川プレミアムZレーシック、トリプルRイントラレーシックアドバンス、レーシックカメラ、最高級レーシックカメラ、プレミアムイントラレーシック、レーシック角膜強化法などがあります。

視力検査またそれぞれの施術に対しての保障内容などもしっかりとしていますし、費用も比較的リーズナブルだと思います。

最高級アマリスZレーシックやアマリスZレーシックに関しては、施術を行うのは役職を持っているドクターになりますから安心することができると思いますし、クオリティの高い施術を受けることができます。

過去の失敗などもなく、品川近視クリニックではこれまでにも毎年年間で10万人がレーシックの施術を受けていると言われていますから、実績もしっかりとしていますし、沢山の芸能人やスポーツ選手が上品川近視クリニックでレーシックの施術を受けています。

特にアマリスZレーシックというのは瞳孔の開きなどもしっかりと確認をしながらレーザーを照射していくものになりますから、角膜の屈折度を確実に変えることができます。
また熱を分散させるシステムとなっているので角膜にかかる負担も少なくすることができます。

レーシックは手軽に受けられる

レーシックのメリットには、手術が手軽に受けられることもあります。レーシック手術は日帰りで短時間で手術が終わるので、入院する必要がありませんから、とても手軽に受けられるのです。

また、費用も生命保険などで、加入しているプランや種類によっては、手術費用が認定される場合には、手術費用が支払われることもあります。

そして、レーシックの手術は、とても成功率が高い手術であり、その失敗の確率は1%程度といわれており、全くリスクがないわけではありませんが、危険性は低いので安心してうけることができるのもメリットと言えるわけです。

 

神戸神奈川アイクリニック大阪院

医者と患者
(出典:札幌市レーシックおすすめ眼科5選【※安い費用で評判も良いのは?】

国内屈指のレーシック実績と高い顧客満足度や医療への取り組みなど、多くの人に指示される神戸神奈川アイクリニック大阪院。

レーシックを安心して受ける事が出来るアフターケアへの取り組みや安全性への配慮が人気の理由です。

累計で100万件を超す症例の実績を持ち、手術を行う医師はすべて眼科専門医なので、利用者も安心してレーシックを受けられます。

神戸神奈川アイクリニックは、大阪と東京に展開している、視力回復手術を行なっている眼科では、国内では最大規模の眼科グループです。

また、神戸神奈川アイクリニックは、豊富な治療経験と高い医療技術を持つ眼科専門医が在籍しており、さらに、最先端の設備が整えられた万全のアフターケアが特徴となっています。

そのため、しっかりとしたサポートを行なってくれる眼科クリニックです。

さらに神戸神奈川アイクリニックでは、レーシックの手術だけに限らず、ICLや老眼治療など幅広く視力回復手術を行っています。

近視や遠視、そして乱視だけではなく、最新の老眼、白内障治療や円錐角膜治療も相談することができます。

神戸神奈川アイクリニックはオプティカルエクスプレスグループと合わせると、全世界で140万症例以上もの実績を誇っていることからも、安心して手術を受けることができる眼科クリニックでしょう。

では価格面を比較してみると、神戸神奈川アイクリニックでは、スタンダードレーシックは、両目が75,000円、片目で37,500円となっており、iFSイントラレーシックでは、両目が235,000円、片目が117,500円となっています。
 

多根記念眼科病院(大阪)

レーシックの執刀は眼科専門医、それも日本眼科学会の手術講習会や機器製造業者の講習会の療法を受講した医師が行います。

手術費用は両目で36万円、片目18万円となっています。

レーシック専門のクリニックに比べて高額に見えますが、一般のレーシックだけでなく、最先端のアイレーシックやエピ・レーシックがこの同じ値段で受けられるのは大きなメリットですね。
 

レイ眼科

手術までに最低2回以上の検査を違う日に受けます。正確なデーターをとるためにコンタクトレンズの長期にわたり外しての検査を実施し、また「過矯正」や「低矯正」を防ぐために調節麻痺剤点眼下での屈折検査も行います。

機器も世界最速、最新型を導入し、「感染症」を起こさないための徹底した空調管理やクリーンシステムなどは最高レベルです。

この病院の一番の特徴は徹底しているといってもいい検査と個人の生活に合わせた執刀と術後経過です。

感染症に合併症、その上をいく過矯正や低矯正までにも対応した姿勢は安心できます。
 

レーシック費用

目の痛みに苦しむ女性
(出典:ICLクリニック東京編はこちら

大阪の有名レーシッククリニックでは、価格競争が激化して、10年ほど前は10万円程度で受けられるものもありましたが、現在は質を重視し、料金は高めになっています。

各クリニックが提供するレーシックは、最高級のマシンと技術を使用するものに限定されており、高めの料金でも質的には納得の金額だと言えるでしょう。

有名なクリニックとしては、品川近視クリニック、神戸神奈川アイクリニック、フジモト眼科、坪井眼科、西眼科病院などがあります。

これらのクリニックでは、もう客寄せのために、従来のレーシックを激安費用で宣伝していません。

ほとんどが30万円前後の値段だと考えてください。

以前の低格安のケラトームレーシックは角膜を厚めに削ることになるので、施術の安全性や、術後の目の見え方にも大きく影響してきます。

多少料金が高くなってもイントラレーシックかZレーシックを選ぶべきでしょう。

その意味では、大阪で唯一、イントラレーシックの価格が15万円をきる品川近視クリニックは、料金面でも技術面でも一番おすすめです。品川近視は評判がいいので検討する価値アリです。

ちなみに品川近視クリニックでは、さらなる安全でクリアな視界を再現するために、最高級のアマリスZレーシックをイチオシしています。これは素晴らしい施術ですが、料金面で高くなるので、経済的に苦しい方はプレミアム・イントラレーシックでも十分だと思います。

最近の大阪での料金の相場は、全部合わせて30万は見ておいたほうがいいでしょう。実際にクリニックでメインに進められるプラン料金はこのくらいのものです。
 

イントラレーシックの特徴!

レーシック手術、と言われるものは、「角膜を薄く削ってフラップ(蓋)を作り、その下の角膜をレーザーで削って矯正視力を出す」という、視力を矯正するための手術です。

その時のフラップの作り方によって、レーシック手術の呼び方が変わってきます。その一つがイントラレーシックで、現在の主流の術式の一つです。

レーシックの種類

レーシック

通常ただ「レーシック」と言う場合は、このフラップを作る時に「マイクロケラトーム」という機械を使います。

この機械はいわば、「カンナ」のようなもので、非常に薄く小さな刃を使って角膜を薄く削ぎ、フラップを作ります。刃が直接角膜にふれるのが特徴です。

イントラレーシック

イントラレーシックでは、イントラレーザーというレーザー機器を使って、そのレーザーの光線で角膜にフラップを作ります。

「Zレーシック」などもこのイントラレーシックの一種で、イントラレーシックの中でも決められたレーザー機器を使う物をそう呼んでいます。

最近では、このイントラレーシックがレーシックの主流となりつつあります。

LASEK(ラゼック)

厳密にはレーシック手術の一種ではありませんが、まとめて分類されることが多い手術法です。

LASEKではアルコールを使って角膜の表面を溶かし、極薄のフラップを作ります。

手術後のフラップ強度が高いためスポーツ選手などがよくこの施術法で施術しますが、痛みが大きい方法です。

イントラレーシックのメリット

イントラレーシックはレーザーでフラップを作りますので、刃がじかに角膜にふれることがなく、感染症などの危険が押さえられます。

さらに、レーザーを用いることで、フラップのふちがなめらかにできるため、術後のハロやグレアなどの光のにじみが比較的押さえられます。

最近では、眼球のわずかな動きも感知してレーザーの動きを微細にコントロールする機器もあり、非常に正確なフラップが作れるため、精度の高いレーシック手術が行えます。
 

レーシックが失敗しない理由は?

レーシックに欠かせない最新機器

レーシックは今ではすっかり浸透し、近眼などの視力低下で困っている人にとってはとてもありがたい存在になりました。

日本では2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)がレーシックで使用するエキシマレーザーの使用を認可したことで治療が始まり、現在に至ります。

またレーシックでは角膜を医療用レーザーによって削るなど、眼球に直接処置を施します。

こうして書くととても危険な手術にも聞こえてしまいますが、実はレーシックでは治療の失敗による失明の事例は全くありません。そしてこの失敗しないという部分には明確な理由があります。

まずひとつは、レーシックにおける精密な治療が、コンピューター制御による機械によって行われる所です

手術と聞くと医師がメスを手にとって行うイメージが強くありますが、レーシックの場合はレーザーの照射などの工程は機械による精密作業となります。

対象を測定した上で精密に作業する分野では、やはり人間の手よりも機械の方が勝りますし、これがレーシックが失敗しない理由の一つになっています。

レーシックの治療は規格化されています

レーシックでは失敗による失明の報告はありません。これは機械による精密な作業に合わせて、レーシックが規格化された技術であることも理由になります。

レーシックでは眼球表面や少し内側の角膜を削りますが、この際に必要な厚さの余裕などは数値として定められています。ですので、正しく測定されれば、規格を外れた無理な手術は行われません。

また、患者の視力に対する角膜の調整部分なども医療機器が受け持っており、医師の経験や勘で行われる部分はほとんど存在しません。

こうしたしっかりした規格や精密な作業を可能にする最新鋭の医療機器の存在が、レーシックが失敗しない理由となっているのです。